miro

miroとは

miroは、Online Collaborative Whiteboard Platform = オンライン上で共同作業できるホワイトボードシステムである。ブレインストーミング、工程管理、マインドマップの作成等、会議や打ち合わせでの利用だけでなく、個人の思考の整理や計画立案にも利用できるツールとなっている。IllustratorやPowerPoint並みのツールを備えながら、直感的なインターフェースにより、簡単に操作することができる。

Back To Top

プランの種類

無料・有料アカウント

miroには無料、有料含めて複数のアカウントが用意されている。

無料アカウントでは、3つのボード(公開)のみ作成可能。ボードを非公開にしたい場合や高画質PDFへの書き出しには、有料アカウント or Educational Accountが必要となる。

 

Educational Account(学生・教育機関アカウント)

学生や教員向けのアカウントが用意されており、どちらも無料で使うことができる。一旦、Freeアカウントを登録した後、以下のサイトから申請が必要。

学生(Student)アカウントでは、無制限のボード数、10人まで共同編集可能、2年の利用期間。教員(Educator)アカウントでは、100人まで共同編集可能、利用期間の制限なし。

Back To Top

Free Accountの登録

下記URLへアクセスする。

画面右上の「Sign up free」もしくは中央の「Start a whiteboard」をクリックする。

下記フォームに、名前(英語)、メールアドレス、パスワードを入力する。
Educational Accountを作成予定の場合は、大学ドメインのメールアドレスが必要。

※授業用ボードのチームメンバーとして追加することになるので、大学メールアドレスで登録すること。

確認コードがメールで届くので、下図のフォームにコピー&ペーストする。

いくつかの質問に回答する必要がある。下図は回答例。

※質問は一つ回答する毎に表示が増えていく。

チームメイトは後から追加できるので、ここでは「Skip for now」をクリックする。

利用目的に合わせたメニュー選択が求められるが、後から選択できるので「Start from scratch」をクリックする。

最初にテンプレートメニューが表示される。ここでは右上の×をクリックして閉じる。

空のボードが表示される。

左上の「miro」ロゴをクリックしてダッシュボードに移動する。

無料アカウントでは、1つのプロジェクトで3つの公開ボードのみ作成可能。

Back To Top

Educational Accountの申請

下記URLへアクセスする。

下図のApply as student(学生として申請)をクリックする。

下記のように入力する。

  • First name, Last Name
  • Educational email ※神戸芸工ドメイン(kobe-du.ac.jp)は自動認識されるので学生証等の提出は不要
  • Where do you study/work?: Higher University or College
  • Education Institution: Kobe Design University
  • What will you use Miro for?: Group discussion in online classes.

神戸芸工の大学メールアカウントでの申請の場合は、すぐに下図のメールが届きStudentとして認証された。

自分のライセンスの種類を確認したい場合は、ダッシュボードのチーム名をクリックして、Your plan detailsで確認できる。今回のライセンスでは、Current plan: Education表示となる。

Back To Top

基本操作

左ツール

  •  画面操作
    • 移動:マウス左ドラッグ
    • 拡大・縮小:スクロールホイール
  • 矢印ツール(選択/手のひら)
  • テンプレート
  • 文字入力
  • 選択ツール
  • 付箋
  • 図形
  • 矢印
  • ペンツール
  • コメント、メンション
  • フレーム

左下メニュー

  • フレームリストの表示
  • プレゼンテーションモード
  • その他

右下メニュー

  • フルスクリーン
  • ピンマップ
  • fit to screen
  • 拡大縮小
  • 100%表示

右上メニュー

  • 共同編集者のカーソル表示/非表示
  • リアクション
  • アクセスユーザー
  • 共有設定
  • settings > Navigation mode >Mouse or Trackpad ※マウス操作ではMouseにしておく
  • その他

左上メニュー

  • ダッシュボードメニュー
  • データ書き出し
  • 取り消し(CTRL+Z)、やり直し(CTRL+Y)

Back To Top

参加チームのダッシュボードへ移動

他のチームに参加した場合、左側にアイコンが表示される。
クリックして、自分のチームと他のチームに切り替えて作業を行う。

Back To Top

Permissionsの設定

miroは基本的にチームで利用することが前提のアプリである。そのため作成したボードやプロジェクトは初期設定でチーム内で編集可能な権限(permission)が付与される。この権限(視聴のみ/編集可/作成者のみアクセス可)は、初期設定、プロジェクト毎、ボード毎に細かく設定することができる。プライベートなボードを作成する場合は、チームとは異なるアカウントで利用することを薦める。

Back To Top