1. テキストレイヤーの追加(1つ目の文字)
横書き文字ツールを有効にする。
コンポジションパネル上をクリックして、1つ目の文字(任意)を入力する。文字パネルで書体はHelvetica Neue、Bold設定、文字サイズは200pxとする。また、段落パネルで中央揃えとする。
選択ツールへ切り替え、もしくはESCキーを押して、文字入力モードから出る。下図のようにアンカーポイントは文字中央下に設定されている。
文字を右クリックして「表示されるメニュー > トランスフォーム > アンカーポイントをレイヤーコンテンツの中央に配置」をクリックする。
アンカーポイントが文字中央に設定される。文字の構成によってはアンカーポイントを水平にずらして、文字の形状としての中央に合わせたほうがよい場合がある。
文字を右クリックして「表示されるメニュー > トランスフォーム > 中央に配置」をクリックして、画面中央に移動する。
2. アニメーション設定
2.1 スケールのキーフレーム設定
テキストレイヤーのスケールのキーフレームを以下のように設定する。
0;00 スケール 650%
0;10 スケール 100%
3;00 スケール 150%
2.2 モーションブラー
レイヤーパネルのスイッチを表示して、テキストレイヤーのモーションブラーを有効にする。
モーションブラーがONの場合は、動きの早い部分にブラー効果がかかる。
2.3 ブラー(放射状)ズームの設定
より動きの残像を強調するためにブラーエフェクトを利用する。
テキストレイヤーを選択した状態でエフェクトメニューをクリックする、もしくはテキストレイヤーを右クリックして「表示されるメニュー > エフェクト > ブラー&シャープ > ブラー(放射状)」をクリックする。
UI左上にエフェクトコントロールが表示される。時間位置0フレームの状態とする。エフェクトコントロールのブラー(放射状)の量のストップウォッチアイコンを有効にする。量は50.0、種類をズームに変更する。
以下のようにブラー(放射状)の量のキーフレームを設定する。
0;00 ブラー(放射状)量 50
0;10 ブラー(放射状)量  0
3. SE(効果音)の追加
プロジェクトパネルから、cm054_impact_mid_flame_breath.wavをタイムラインにドラック&ドロップする。オーディオレイヤーを選択した状態でLキーを2回押すことで波形表示することができる。このSEに関しては時間調整なしでフライングロゴとタイミングが合っている。
4. テクスチャ画像の設定
プロジェクトパネルのGrunge_Pic.jpgをレイヤーパネルのテキストレイヤーの下にドラック&ドロップで配置する。
テキストレイヤーのモードをステンシルアルファに切り替える。ステンシルアルファは透明部分の輪郭で型抜きするモードであり、今回の例では文字部分にGrunge_Pic.jpgの画像が合成される。文字色が白100%の場合は、ステンシルルミナンスキーでも同様の効果となる。
場合によっては画像を回転させてもよい。文字サイズ100%のあたりで調整。
このままでは画像スケールは固定なので、文字と画像は連動しない。
Back to Top