mixamo

アカウントの作成

下記サイトにアクセスして、右上のSign Upをクリックする。

フォームへ必要情報を入力して「Create account」をクリックする。

※mixamoでは、会社や大学の組織ドメイン(kobe-du.ac.jp)は利用できないので、個人のフリーアカウントを利用する必要がある。

メールが2通届く。

  1. mixamoアカウントの確認コード(Verification Code) → 下方に続く
  2. Adobeアカウントの確認リンク → リンクをクリックしてAdobeアカウント作成完了

確認コードを下図にコピー&ペーストする。

アカウント作成が完了して、mixamoの初期画面が表示される。

Back To Top

アニメーションの選択

 

パラメータの調整

 

アニメーションの解除

Back To Top

ビュー操作

マウスによる操作

 

UIアイコンによる操作

※カメラリセットを押すと何も表示されなくなる場合がある。その際はウェブブラウザをリロードする。

Back To Top

FBXのダウンロード

 

 

CLOへの読み込み

Back To Top

位置と方向の調整

移動や回転を利用する。

Quad Viewやテンキーでの視点変更を利用する。

Back To Top

メッシュの削減

三次元スキャンから3D化したデータではデータ容量が大きすぎるため、アニメーションする際に処理時間を要する。メッシュを削減することでデータを軽くする。品質の高いデータとするためにはリトポロジー(メッシュの再構築)が必要だが、ここではプレビュー程度の品質を前提とするため、簡易的なメッシュ削減とする。

 

  1. オブジェクトを選択
  2. Modifier Properties > Add Modifier >Decimate
  3. Ratio: 0.01 ※処理に時間がかかるので待つ
  4. Apply(適用)する

Back To Top

腕や首の微調整

マスク、回転を利用した方法

 

 

Pose Brushを利用した方法

  • Fキー:Brushサイズ変更

Back To Top

FBXの書き出し(mixamo用)

  • Fileメニュー > Export > FBX
  • Path Mode: Copy
  • Embed Textures

Back To Top

mixamoへアップロード

  • アップロード
  • Auto Rigging
    • 指あり/なし 今回はなしで
    • シンメトリーの場合は、事前に人体データをシンメトリー調整必要
    • シンメトリーでなくとも可能だが、あまり崩れた姿勢ではうまくいかない
  • アニメーションつけて遊ぶ
  • FBXのダウンロード、Blenderで遊ぶ

Back To Top

OBJの書き出し(CLO用)

  • Fileメニュー > Export > Wavefront OBJ
  • Path Mode: Copy
  • CLOへOBJをドラックアンドドロップ(Auto Scale)

Back To Top