BioMetalツールキット演習5

Arduinoスケッチのコンパルと書き込み

※Arduinoの使い方については「Arduino基礎」参照。

※BioMetalシールドの回路構成については「BioMetalツールキット演習1」参照。

 

①Arduinoスケッチの準備

空のスケッチを作成して、以下のコードをコピー&ペースト後、スケッチを保存する。

/*
Biometalシールドサンプルスケッチ Latch
2018.8 中安
 */

//ピン割り当て設定
#define pinK0   A0  //タクトスイッチK0
#define pinK1   A1  //タクトスイッチK1
#define pinK2   A2  //タクトスイッチK2
#define pinR    11  //フルカラーLED-R
#define pinG    10  //フルカラーLED-G
#define pinB    9   //フルカラーLED-B
#define pinPWM  3   //マスターPWM
#define pinSMA1 0   //SMA1用FET切り替え
#define pinSMA2 1   //SMA2用FET切り替え
#define pinSMA3 2   //SMA3用FET切り替え

//タクトスイッチ状態取得用変数宣言
int bStateK0 = 0; 
int bStateK1 = 0; 
int bStateK2 = 0; 

void setup() {
  //ピンモード 出力設定
  pinMode(pinPWM, OUTPUT);
  pinMode(pinSMA1, OUTPUT);
  pinMode(pinSMA2, OUTPUT);
  pinMode(pinSMA3, OUTPUT);
  //ピンモード デジタル入力設定(内部プルアップ無効)
  pinMode(pinK0, INPUT);
  pinMode(pinK1, INPUT);
  pinMode(pinK2, INPUT);
}

void loop() {
  //マスターPWMを最大値(255)出力
  analogWrite(pinPWM, 255); //0-255でSMAに与える電流値を変更

  //タクトスイッチの状態を取得
  bStateK0 = digitalRead(pinK0);
  bStateK1 = digitalRead(pinK1);
  bStateK2 = digitalRead(pinK2);

  if (bStateK0 == HIGH) {
    digitalWrite(pinSMA1, HIGH);
    analogWrite(pinR, 255);
  } else {
    digitalWrite(pinSMA1, LOW);
    analogWrite(pinR, 0);
  }

  if (bStateK1 == HIGH) {
    digitalWrite(pinSMA2, HIGH);
    analogWrite(pinG, 255);
  } else {
    digitalWrite(pinSMA2, LOW);
    analogWrite(pinG, 0);
  }

  if (bStateK2 == HIGH) {
    digitalWrite(pinSMA3, HIGH);
    analogWrite(pinB, 255);
  } else {
    digitalWrite(pinSMA3, LOW);
    analogWrite(pinB, 0);
  }
  
}

スケッチデータのダウンロード

BioMetalShield_Latch.zip

 

② ボードとポートの選択

ツール>ボード>Arduino Leonardo
ツール> シリアルポート>/dev/cu.usbmodem****(Arduino Leonardo)

 

③コンパイル

検証(コンパイル)ボタンを押す。

 

④書き込み

書き込みボタンを押す。

Back To Top